初心者講座2.Amazonせどりの仕入れと販売について

株・FX・不動産・投資信託せどらー 村川です。

Amazonせどりの初心者講座2回目となります。

Amazonせどりとは、例えば家電量販店等で買った商品をAmazonで販売することで差益を得ることだと前回お伝えしました。

つまり、仕入れと販売の2つのフェーズがあります。

まず仕入れについてお話しします。せどりにおいて仕入れが全てです。成功するしないは、どれだけ安く仕入れができるかによって決まります。

そんなこと言っても以下の疑問が発生します。

1.家電量販店に利益が出るほど安い商品なんてあるの?

2.どうやってそれが安いと分かるの?

 

1について
結論から言いますと、毎回お店に仕入れ対象となる商品があるとは限りません。

わたしも毎日何店舗か訪問しますが、全ての店舗で仕入れができる訳ではありません。


しかし、お店には新しい型の商品が発売されると、古い商品はいつまでも置いておけなくなります。

そこで、セールなどをしたり、値下げをしてでも売ってしまおうという戦略を取ります。

売れ残ってもメーカーに返品することはできないですからね。そこを狙います。

2について
モノレートというアプリを利用します。

このアプリは非常に優秀でAmazonでその商品がいつ、いくらで、何個売れたかがわかります。

 

http://mnrate.com/

 

標準の画面で3か月の売れ行きがわかります。

 

ここから推測して、どれくらいで売れるかを判断します。

 

私は最低でも3か月で10回以上は売れている商品でないと仕入れません。

 

売れない商品をずっと保管していても資金効率が悪くなるだけですから。

 

 

次に販売についてです。

 

販売には自己発送とFBA発送の2種類あります。

 

自己発送とは、商品を自宅に置いておいて、注文が入ったら宅配等で注文主に届ける方法です。

 

FBA発送とは、商品をAmazonの倉庫に置き、注文が入ったらAmazonの倉庫から勝手に注文主に届ける方法です。

 

どちらの方がよいかというと、当然後者です。

 

私のようにサラリーマンをやっている人は、注文が入ったら宅配で届けるというのはほぼ無理です。時間がいくらあっても足りません。

 

倉庫に置いておけば、注文が入ったらすぐに出荷されるので、注文主もうれしいし、出品者のあなたも楽ですね。

 

上記のスクリーンショットを見ていただけたらお分かりいただけると思いますが、上から4番目の出品者がFBA発送となっています。

 

配送区分のところに「AMAZON.CO.JP配送センターより出荷されます」とありますね、これが目印です。

 

また、自己発送よりFBA発送の方が、値段を高くしても売れます。これは、Amazonの保証が受けられたりするといったメリットがあるからです。

 

よって、上記のような場合ですと、上から4番目の人から商品が売れていく可能性が高いです。

 

amazonは在庫切れになってますし。

 

 

仕入れと販売について話してきました。次回はせどりに必要なモノについてご説明します。

 

 

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

それでは失礼します。
~期間限定情報~

せどり界で名前を知らない人はいないと言われる「 クラスター長谷川 」
さんのコミュニティ「 クラスターせどりチーム4期 」のご案内を優先的に
実施させていただくメルマガを配信中です。

下記ご案内を見ていただき、その時が来るまで心の準備をしておいてくださいね。

クラスターせどりチーム4期オファーメルマガのお知らせ

ブログランキング参加しました。

よかったら1日1ポチお願いします☆


人気ブログランキング

村村村村村村村村村村村村村村村村村村村村村村村村

脱サラを目指す村川の副業日記!

~株、FX、不動産、投資信託そしてせどり~

http://yasume9968.xsrv.jp/

川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です